大阪

2019年04月27日(土)19時00分~21時00分

◆課題本:生くる/著者 執行草舟氏

◆場所:大阪府大阪市北区梅田1丁目3-1 大阪駅前ビル1号館2F-55

◆参加費:1000円

◎単元毎に輪読いたします。◎声出して会話して一緒にあがっていきませんか。😄

◆お問い合わせ&お申込み

※FBイベントページ参加ボタンを押して頂くか、又は下記へメールをお願い致します。

メール:kanai_one@yahoo.co.jp (肚をつくる読書会・大阪 世話人 金井さんまで)

FBイベントページ → https://www.facebook.com/events/2129167700454007/

伊丹

毎月第2・日曜日午後開催   

・テキスト:執行草舟著/生くる

・場所:ブックランドフレンズさん店内 

兵庫県伊丹市伊丹2-5-10アリオ2 (※JR伊丹駅から徒歩2分)

・参加費:500円

・お申込み:ブックランドフレンズまでお電話かメールにて

    〔電話〕072-777-1200 〔メール〕qqqn6639@blue.ocn.ne.jp

・定員: 9名

今まで開催したharadoku 関西

大阪 

課題本 生くる/執行草舟著 

★第二十二回開催★2019年3月29日 

★第二十一回開催★2019年2月22日 ★第二十回開催★2019年1月29日 ★第十九回開催★2018年12月26日

★第十八回開催★2018年11月30日    ★第十七回開催★2018年10月30日 ★第十六回開催★2018年9月28日

★第十五回開催★2018年8月31日      ★第十四回開催★2018年7月30日     ★第十三回開催★2018年6月30日

★第十二回開催★2018年5月31日      ★第十一回開催★2018年4月28日     ★第十回開催★2018年3月31日

★第九回開催★2018年2月27日          ★第八回開催★2018年1月13日      ★第七回開催★2017年12月16日

★第六回開催★2017年11月30日       ★第五回開催★2017年10月31日     ★第四回開催★2017年9月28日

★第三回開催★2017年8月31日        ★第二回開催★2017年7月28日

課題本ございませんが、何かご紹介したいご本やこれから読みたいご本お持ちください。人数によりますが、思いをお話しください。ご一緒に肚をつくって参りましょう。大坂を盛り上げようではないか!!

★初開催★ 2017年6月23日

第1回目となります。課題本ございませんが、何かご紹介したいご本やこれから読みたいご本お持ちください。人数によりますが、思いをお話しください。ご一緒に肚をつくって参りましょう。型にはまっておりません。


滋賀 

第3回/2017 年9 月2日・課題本:生くる・会場:回福整体院「ここ・から」

第2回/2017年8月12日・課題本:生くる(第1章・2章の復読)第3章「学」とは何か、第4章 真実とは何か

第1回/2017年7月29日★初開催★

肚をつくる読書会とえびちゃん整体体操を組み合わせた会を開催いたします!

読者会の合間にえびちゃん体操で身体と心をスッキリさせ、肚が据わるとっておきの肚読体操もお伝えし「読書のすすめ」さんで大推薦されている執行草舟先生著「生くる」を課題本として、一章ずつ読んで参加者の方と意見を出し合い、自分になかった考えを学び合います。時代や他人に流されないまさに肚を一緒に作っていきましょう!今回は急な開催ですが、ご参加お待ちしております♬^_^

■お申し込み・問い合わせ先:Facebookの参加ボタンをポチッと頂くか

MAIL: coco-kara0211@ezweb.ne.jp または TEL077-561-2160まで(担当:恵比木 徹)


伊丹 

2017年9月10日・課題本/「生くる」 ・場所/ブックランドフレンズさん 

2017年5月14日 

執行草舟著 「生くる」を1章ずつ読み感じたことや気づいたことを言い合います。みんなの話を聞くことで、執行さんの言葉がより噛み砕けて自分のものになるのではないでしょうか。「生くる」やこの読書会が自分の軸や指針をみつけるきっかけになればいいと願っていますが、いま肚の中にあるものを吐き出す場としてもお使いいただければとおもいます。 P33「真実とは何か」の章からやります。
開催場所:ブックランドフレンズさん

2017年4月9日

執行草舟著 「生くる」を1章ずつ読み感じたことや気づいたことを言い合います。みんなの話を聞くことで、執行さんの言葉がより噛み砕けて自分のものになるのではないでしょうか。「生くる」やこの読書会が自分の軸や指針をみつけるきっかけになればいいと願っていますが、いま肚の中にあるものを吐き出す場としてもお使いいただければとおもいます。 P20「読書論」の章からやります。

2017年3月12日

執行草舟著 「生くる」を1章ずつ読み感じたことや気づいたことを言い合います。みんなの話を聞くことで、執行さんの言葉がより噛み砕けて自分のものになるのではないでしょうか。「生くる」やこの読書会が自分の軸や指針をみつけるきっかけになればいいと願っていますが、いま肚の中にあるものを吐き出す場としてもお使いいただければとおもいます。テーマ: P20、「読書論」の章からやります。

2017年2月12日

執行草舟著 「生くる」を1章ずつ読み感じたことや気づいたことを言い合います。みんなの話を聞くことで、執行さんの言葉がより噛み砕けて自分のものになるのではないでしょうか。「生くる」やこの読書会が自分の軸や指針をみつけるきっかけになればいいと願っていますが、いま肚の中にあるものを吐き出す場としてもお使いいただければとおもいます。

2017年4月9日

執行草舟著 「生くる」を1章ずつ読み感じたことや気づいたことを言い合います。みんなの話を聞くことで、執行さんの言葉がより噛み砕けて自分のものになるのではないでしょうか。「生くる」やこの読書会が自分の軸や指針をみつけるきっかけになればいいと願っていますが、いま肚の中にあるものを吐き出す場としてもお使いいただければとおもいます。 P20「読書論」の章からやります。

2017年1月15日~ ブックランドフレンズさんにて初開催!~ 

執行草舟著 「生くる」を使って読書会をします。1章ずつテーマにして語り合います。みんなで読むことで、執行さんの言葉をより噛み砕き自分のものにできること、自分の軸や指針をみつけること、肚をつくることを目的としていますが、本から学ぶというよりまずは、自分の肚にあるものをここで吐き出してみませんか!


京都

2017年12月3日 第三回「代表的日本人」を深める!

~ テーマ 考えることと信ずること ~
今回は「代表的日本人」から、中江藤樹は哲学ー考えるという道、日蓮は宗教ー信じるという道を観てみたいと思います。私たちは損得勘定抜きに考えたり信じたりすることに遠ざかりつつあるのではないでしょうか?こんなことでは、いかんいかんとお思いの方は是非ご参加下さい。

2017年10月29日 第二回「代表的日本人」を深める!

~ テーマ 試練は人生からの問いである!!~
第二回目となります京都肚読は前回に引き続き「代表的日本人」を課題本に今回はこの本で取り上げられた「上杉鷹山、二宮尊徳」から「試練は人生からの問いである」を、考えたいと思います。問いに気づき、問いに向き合い、問いに喜び、新たな問いに出会う・・・人生からの問いに感謝し、一歩一歩成長できたらいいですね。今回はキャンパスプラザ京都に場所を移し、和室で膝を突き合わせての座談会にしたいと思っています。

~第一回 肚をつくる読書会 大阪を終えて~

主催者の金井さんが第一回目を終えて所感を語って下さいました。ぜひ、お読み頂ければと思います♪


こんにちは。肚をつくる読書会 大阪の金井 一ともうします。数ヶ月前より、スポット的に名も無い読書会を開催し始めました。主な理由は、友人を元気づけるためでした。何か本を持ってきてもろて、話する事で声出すことで、元気が出るかと考えました。そして、過去になにかで読書会に参加もしたことの無い様な、全く真っ白な人達に声をかけて始めました。角が沢山ある原石むき出しの状態、どうしていいか分からない状態からのスタートでした。 (今もです。。)そんななか、毎度参加くださる方が出てきて、いつもの喫茶店マヅラでの開催から別の話に集中できる場所に移れないかな。。と思っていた矢先にミラクルが起こり、急展開で第一回目を始めることとなりました。塩崎Makiさん、おはぎさんも参加くださり、熱いお話くださり、素晴らしい第一回目を迎えられました。ヒントたくさんいただきました。深く感謝いたします。当の私はイッパイイッパイで2時間が終わってしまいかなり荒削りだったと思い出すと冷汗がでます。いま、思っているのが課題本をつくる。悩んでいた矢先、清水店長から連絡が届きまして、ヒントをいただくことができました。今まで見たことがない景色が広がり始めた気がいたします暖かく見守っていただけたら、誠に幸甚です。よろしくお願いいたします。